包装材の表示方法

消費者にとっては、包装材に書かれた商品情報を信じる他ありません。それが自身の健康、経済状況に影響を与えるわけですから、情報が正確であることを求めるのは当然と言えます。その意味では、包装材は商品を保護すると共に、情報伝達の媒体の役割も担っているのです。ではこの表示に纏わる規制にはどのようなものがあるのでしょうか。大別すると、内容物に関する表示と包装に関する表示とがあります。表示には法的な規制があるため、それを遵守しなければ販売することが出来ません。また販促の観点からも、メーカーは積極的に表示するのが一般的です。  法的に気を付けるべきは、食品、医薬品に関するものです。食品表示は安全基準を満たしていることを伝えるものになります。最近は表示の内容だけでなく、表示の仕方も工夫が重ねられています。というのも、高齢化社会に至り、誰でも判別できる文字やマークが希求されているからです。また国際化の只中にあって、日本語以外の言語で表示することも増えています。既にEUの域内では、各国の言語が所狭しとパッケージに並んでいます。  包装に関する表示で分かるのは包装材の原料ですが、これまで包装材はどのような原料から製造されてきたのでしょうか。包装材の歴史自体は長く、各時代で重要な役割を担ってきました。単にものを入れるだけでなく、保存したり運んだりするのにも適した包装材は、いつの時代も重宝されます。運ぶのに適した包装材としては、木皮、竹、壺、樽等が活躍してきました。日本でもこれらの材料が美しい容器に加工され、中には工芸品と呼べるものまで出現しました。

包装材の表示方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る