食品の変質防止とは

食品は吸水、乾燥、損傷などによって変質してしまいます。

損傷というのは、外的要因による衝撃というのが原因とされています。衝撃や落下や摩擦というのも輸送中に発生しやすいかと思います。これらによって外観の損傷、変質ということに繋がると考えられています。

外的損傷・変質の防止というのは、包装材料の強化や形態、構造体を考えることによってできるそうです。

また取扱の方法にも気をつけなければならないかと思います。

高強度包装、壊れにくい構造体包装、外装に外圧がかからないコンテナー、衝撃吸収包装などが必要とされているそうです。

ときどきニュースで衝撃を吸収する素材が発表されたりしますが、つねにこういったものを研究開発しているということのようです。

輸送中に発生することとして、貨車の連結と追突、モーター不平衡、車輪偏芯、レース継ぎ目と局部沈下、レールの傾斜と波状摩耗、曲線出入りがあるそうです。

また自動車では道路の継ぎ目、急停車、追突、坂道などがあるそうです。

航空機は離着陸時、エアーポケットに入った時、船舶ならば波とブレーキに障害が発生しやすいそうです。

障害の結果、内装と外装の破損と変形、内容物のロスがあったり、腐敗や目減りにもつながってしまいます。

落下するというのは、積卸しや移動中の荷を扱う時の不備や倉庫内や輸送中の荷崩れなどによって引き起こされ、破損や変形してしまったりしてしまいます。

振動というのはエンジンの振動や車輪の構造というものやスピードが出たりするときに起こります。

耐圧というのは積むときに不備があったり、積み重ねるときに不備があったりするとおこるかと思います。 水濡れや雨に振られたり、温度が変化したりと輸送中には多くの障害が起こるということを考えて置かなければならないそうです。

食品の変質防止とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る