プラスチック容器について

プラスチックとは可塑性をもつ有機高分子化合物を主成分とする天然または合成物質だと言われています。

JISでは「プラスチックは高重合体で、製品への加工のある段階で流れによって形を与える材料で、ゴムを除く」と定義しているようでした。

プラスチックは石油からできていると聞いています。

プラスチック樹脂は、熱を加えると柔らかくなる熱可塑性樹脂と硬くなる熱硬化性樹脂に分けられるそうです。

熱可塑性樹脂は加熱すると軟化し、また力を加えると流動性により変形すると言われています。力を取り去ってもその外形を保持する性質を持っているようです。

冷却すると固まりますが、再加熱によって軟化し、何度でもこの履歴を繰り返すそうです。

熱硬化性樹脂は、加熱することによって硬化反応が進んで三次元網目構造を形成する合成樹脂だそうです。一度硬化すると再加熱しても軟化しないそうです。

包装材料には利用しないそうですが、塗料や接着剤に使ったりするそうです。

プラスチックは石油を蒸留して取り出したナフサを熱分解して製造されるそうです。

小豆状の形に成形されるそうです。

包装材料全体は減少傾向にあるなか、プラスチックの需要は伸びているそうです。

その理由として、透明性に優れていて、中身が見えて確認ができるからだと考えられます。

化学的に安定しているので、耐薬品性や耐油性に優れていると判断されるのかもしれません。

耐水性や防湿性に優れているプラスチックも多いそうです。

軽くて、比較的安価というところも支持されているそうです。

また加工適性に優れているというところもよいそうです。

適切な物理強度がアリ、延伸するとさらに機械的強度が強くなるそうです。

樹脂・用途別の消費では、プラスチックは包装材となるフィルム・シート用にもっとも多く使用されているそうです。

プラスチック容器について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る