ダンボール容器について

ダンボール原紙というものがあるそうです。

ダンボール原紙とは、ダンボールを製造するために用いる紙で、段ボール用のライナーと中芯の総称だそうです。中芯原紙は古紙が多いそうです。

ディスカウントショップなどでは薄く美粧性のある段ボールを使うそうです。

マイクロフルートというものは、板紙と同じ厚さで美粧用に用いられるそうです。

今後はマイクロフルートの普及が見込まれていくそうです。

また、容器包装リサイクル法の再商品化義務から外れているということで、処理費用がかからないというメリットもあるそうです。

片面段ボールは巻いて緩衝用に使えるそうです。

両面段ボールは一般段ボール箱に、複両面や複々両面段ボールは重量物に用いられているそうです。

日本の段ボール箱の形式はJIS Z 1507に定められているそうです。

段ボールの箱の形式として、溝切り形、テレスコープ形、組み立て形、差し込み形、ブリス形、糊付け簡易組立形、代表的な付属類というもがあるそうです。

段ボールの特性としては片面段ボールは波形に段繰りした中芯の片側にライナーを貼っているのですが、これを巻いて召喚材として使用しているそうです。

果物やお菓子、食品、電球に使われているそうです。

両面段ボールは菓子、食品、青果物、繊維、機器、薬品、化粧品、雑貨、日用品に使われているそうです。

複両面段ボールは両面ダンボールに片面段ボールを貼っているものだそうです。重量物用に用いるそうです。強度がとても強くなるそうです。

機器類、電気機器、青果物、雑貨、重量物などに使うそうです。

複々両面段ボールは複両面段ボールにさらに片面段ボールを貼るそうです。

電気類、精密機械、超重量物に用いるそうです。

ダンボール容器について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る